原付乗るのが怖くなったので、売り払った話

原付

皆さん乗った事あります?

僕は大学一年生~四年生の間まで乗ってました

本当は車に乗りたかったんですけど、お金も駐車場も無かったので、、、

あぁ貧乏人は辛い

そんな原付ノリノリ大学生の僕だったわけですが、実は原付を納車した二日後に事故ってます

、、、、、、、、、、

いや、細い道で滑ってコケただけなんですが

それにしたって怖かったです

コケた時、周りに車通ってなくて本当に良かったです

無傷でしたし

原付の修理代も2万円で済んだのですが

早速原付乗るのが怖くなってしまったのです

、、、、、、、、、、、、、、

恐怖感じるの早くないすか!?!?

普通原付乗ってしばらくしてから原付の怖さとか感じると思うのですが

原付歴二日

たったの二日で原付運転するのが堪らなく怖くなりました

その恐怖心、日に日に薄れていくと思っていたのですが

違いました

それ以降事故る事は無かったのですが

僕の隣をトラックが高速で通り過ぎる時

いきなり前の車が急停車した時

等々、様々な場面でヒヤッとしました

週5くらいで原付に乗っていたので、ヒヤリとする回数も多かったです

そして恐怖心を抱えたまま大学を卒業し、上京する事になった僕は

一人暮らしの家に原付を持っていくか悩みました

東京の道路は田舎より1000倍怖いので、実家に置いていく事にしました

僕には東京を原付でドライブする勇気などなかったのです

~そして数年後~

彼女が出来、同棲を考えだしたので

「よし 原付売ろ」

と遂に決心しました

僕は彼女が出来てから

【死にたくない】と、よく思うようになりました

更に同棲して結婚する未来の事まで考えたら

【絶対に死にたくない】に昇華したのです

そう僕は絶対に死にたくないのです

少しでも自分の死亡率を下げる為に、原付を手放すとゆう選択は至極当然の事

ですが

大学時代を共に過ごした原付との別れは、、、

辛いです

ありえん暑い時も、雨降る冬空の時も

僕と原付はずっと一緒に頑張ってきたのです

失恋した時も就活で落ちまくった時も

ずっとずっと一緒でした

さながら

戦友のようでした

なので、バイク屋に引き渡す時は泣きそうでした。。。

ってわけで

僕のような死亡率を下げたい輩は、原付等のバイクに乗らない方が良いと思います

一回でも乗ると愛着が湧いて手放すのが辛くなりますよ

ではまたノシ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です