陰キャ大学生が【六本木のクラブ】に行った話

クラブ

皆さん行った事ありますか?

都会で働いている社会人や都会の大学生とかは行った事あるかもしれませんね

しかし、田舎で過ごしている人はクラブなど縁が無いでしょう

僕はずっと田舎で過ごしていたので、クラブに行く事も無かったですし行きたいとも思いませんでした

そんな僕ですが

大学二年生の頃に、高校の同級生から

「クラブに来てみないか?楽しいぞ」

LINEが来ました

それまでの僕だったら速攻で断っていたのですが

大学二年生になっても浮いた話の一つもない僕は、出会いに飢えてる部分がありました

「そろそろ出会いがあっても良いのではないか」

「せっかく大学通ってるのに出会いがないのは、めちゃくちゃ損をしているんじゃないか」

そんな風に考えてしまいました

更に

僕以外にもクラブ処女の友達が行くとゆう事だったので

しばらく考えた末に

クラブへ行く決心をしました

~当日~

クラブの会場が六本木だったので、田舎から電車で二時間ほどかけて向かいました

ちなみに、この時初めて六本木駅を利用しました

出口がたくさんあって驚きましたし、普通に駅の中で迷いました

田舎者は六本木とは無縁なので仕方なし)

六本木駅内の迷宮を抜けて地上に出てからも少し迷いましたが、クラブ処女の友人と一緒に無事会場に着く事が出来ました

素敵な会場

まず入口で驚きました

なんと、屈強な外人が二名配置されてました

「あれ?ここマフィアの事務所じゃないよね?」

と疑心暗鬼になりましたが、店の名前も住所も間違いありませんでした

クラブに誘ってくれた友人を信じて足を進めると

外人が

「OH! JAPANESE! キョウハタノシンデイッテネ!!」

と陽気なテンションで話しかけてくれました

カタコトの日本語でしたが、外人さんは優しい店員さんだったのです

そんな優しい店員さんに対して、マフィアの構成員だと思った僕は愚かです

会場の中に入ると

ドラマや映画で見たまんまのクラブ会場がありました

正直、現実のクラブは

「狭くて汚くてチープなんだろうなぁ」

とか思っていたのですが

良い意味で裏切られました

入口からは想像出来ないほど店内は広く、人がたくさん居るのに窮屈さは全くありませんでした

会場内の雰囲気

会場内ではお酒を呑みながらDJの音楽に合わせて踊るのですが、流れる音楽が9割洋楽です。

なので洋楽の知識が無い人は今一つ楽しめないかもしれません。

僕自身、普段邦楽しか聞かないので 知らない曲で踊るのがほとんどでした。

つまり あまり楽しめませんでした(カンナムスタイル流れた時は少し楽しめました)

多分、洋楽に詳しい人は結構楽しめると思います

来てる人の容姿

外人の男性はイケメンでした

やっぱり外人ってファッションはシンプルでカッコイイですし、身長も高くてガタイも良いですし

日本人じゃ到底適わない事が理解出来ました

外人の女性は見かけませんでした

外人の男性は来てるのに何故・・・

日本人の男性は、かっこつけてる割にはブサイクでしたし、中学校でイキがってる不良が自己満足でオシャレした服装みたいでしたし、話し方も上から目線でキモかったです

日本人の女性は、化粧と香水が濃すぎました。清楚な女など一人もおらず、揃いも揃ってギャルばかりでした

しかも顔もブサイク寄りな人ばかり、マジで

ナンパも

外人の男性→日本人の女性

は結構上手くいってるように見えましたが

日本人の男性→日本人の女性

は全然収穫無さそうでした

ちなみに僕はナンパする勇気もナンパしたい相手も居なかったので、一度もナンパしませんでした

まとめ

クラブに行くなら洋楽を学ぶべし!

清楚で可愛い人はクラブに来ない!

外人は優しい!

とゆうわけでね

興味ある人はクラブ行ってみてね(笑)

ではまたノシ

  • 9harunasubi9
  • 埼玉県で暮らす26歳社会人。。。
    趣味は食べることや漫画を読むことです。。。
    ブログよりTwitterの更新頻度の方が高いです。。。
    @9harunasubi9をフォロー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です